驚愕!知られざる「ゲーム」についての真実6つ

ソニー、任天堂、セガ、カプコン、コナミなど、ゲーム会社はたくさんありますよね。あまりにも有名なゲームにまつわる話は多いため、私たちはすべてを知っていると思いがちです。

がしかし、新しいドキュメンタリーシリーズ「Playing Fields」が明らかにしたように、実際には現実とかけ離れていることも多いのです。ここでは、私たちが発見したゲームにまつわる事実6つをご紹介します。

1.日本にはプロゲーマーが少ない

ゲーム文化における日本の世界的な影響力を考えると、著名なeスポーツの大半で日本の存在感が薄いとは、驚きですよね?格闘ゲームのコミュニティは別として、eスポーツを正当なキャリアの選択肢とはあまり考えられていないからでしょう。

2.トーナメントで獲得できる金額を制限する法律がある

日本のeスポーツプレイヤーが国際的な舞台で活躍することが少ないもう一つの理由は、国内で開催されるイベントの賞金が制限されているからです。

JESU(日本eスポーツ連合)は、状況を変え、より多くのeスポーツプレーヤーが活躍できる雰囲気を作ることを目的として、2018年に設立されました。彼らは、チームや選手にプロライセンスを与え、より多くの賞金を集めることができるようにするなど、さまざまな方法でこれを実現しています。

3.来年、世界最古のアーケードゲーム機が50周年を迎える

ゲームセンターは日本のゲーム文化の中心的存在であり、真のゲーム愛好家に出会えるのは間違いなくゲームセンターです。

アーケードゲーム事業のエンジニアとしてキャリアを積んできた高井和久氏は、1971年に製作された『コンピュータースペース』が世界最古だと指摘し、現在はできるだけ多くのゲームを保護することに専念しているそうです。

5.インディーゲーム=クラシック音楽

現代のインディーゲームは、クラシック音楽の交響曲のようなものです。何度も難解なモンスターを倒すのに失敗して、コントローラーを部屋中に投げつけた後では、この言葉を理解するのは難しいかもしれません。

ゲームクリエイターのRIKIさんは、「クラシック音楽には、指揮者とオーケストラがいて、100年前の交響曲があるかもしれません。8ビット時代のゲームも同じです。昔からある機材を使っていても、新しいアイデアが出てくるんです。」とコメント。

6.海外の成功を無視することで、日本のゲームは世界的な成功を収めることができた

日本のゲーム事業は、15年ほど前から10年間にわたって急激に衰退しています。市場はより密室的になりました。日本のゲームは海外では売れず、海外のゲームは日本では売れなくなったのです。

ところが、ここ5年ほどは、「モンスターハンター」「シェンムー」「ニーア オートマタ」「龍が如く」などの欧米でのヒット作や、Switchによる任天堂の復権など、エキサイティングな復活を遂げています。今後も日本のゲーム業界はますます進歩を遂げていくことでしょう。